2018年8月号

給料よりも大切なもの

ブルーカラーを歯車にしない

デニス・キャンベル

デニス・キャンベル

ハーバード・ビジネス・スクール 教授

ジョン・ケース

ジョン・ケース

NCEO 理事

ビル・フォッシュ

ビル・フォッシュ

オープンブック・コーチング 設立者兼社長

半世紀前の米国のブルーカラーにとって、よい仕事とは大手メーカーに勤め、よい給料をもらうことだった。しかし今日、よい仕事=よい給料という図式は崩れている。知識労働者と同様にブルーカラーも、新たなスキルを学び、自分の仕事がどのように会社の成功に役立ったのかを、知りたがっているのだ。ブルーカラーに主体性を持たせることで、企業の業績が高まることは研究によっても裏付けられている。本稿では、従業員が経営に対して関心を持つ、オーナーシップの文化を醸成する意義や方策について論じる。

デニス・キャンベルハーバード・ビジネス・スクール 教授

ジョン・ケースNCEO 理事

ビル・フォッシュオープンブック・コーチング 設立者兼社長

PDF論文:11ページ[約1,378KB]
無料:論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない