2018年8月号

現場を大切にする会社が最後に勝つ

[インタビュー]ファミリーマートが実践する地域密着の経営

澤田 貴司 :ファミリーマート 代表取締役社長

澤田 貴司

ファミリーマート 代表取締役社長

コンビニエンスストア業界はいま、重大な岐路に立たされている。ナショナルチェーンによる出店は過当競争が長く続き、もはや店舗数だけでは勝負できない。細分化する顧客ニーズに応じたサービスを実現しようにも、現場は慢性的な人手不足にあり疲弊し切っている。ファミリーマート代表取締役社長の澤田貴司氏は、本部が現場の実情を見ないまま画一的なオペレーションを続けてきたことに問題があり、それが仕事の効率性を下げる要因となって、現場スタッフのモチベーション低下にもつながっていると言う。本稿では、澤田氏が同社で進める、徹底した現場重視の改革が詳細に語られる。

澤田 貴司ファミリーマート 代表取締役社長

PDF論文:10ページ[約1,980KB]
無料:論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない