2018年8月号

従業員への投資が業績改善につながる

スーパー、コールセンター、ペットショップの事例に学ぶ

ゼイネップ・トン :マサチューセッツ工科大学 スローンスクール・オブ・マネジメント 非常勤准教授

ゼイネップ・トン

マサチューセッツ工科大学 スローンスクール・オブ・マネジメント 非常勤准教授

サービス産業において「従業員を重視する職場が競争力を生む」ことがわかっても、それを実行するには戦略チームの組成と現場の理解が欠かせない。本稿では、「トヨタ生産方式」をヒントにした「よい職場」戦略(グッド・ジョブズ・ストラテジー)を詳説し、実際にビジネスに応用するうえでどのような手順を踏めばよいかを示した。大手スーパーマーケット・チェーンや医療診断サービスのコールセンター、ペットショップ・チェーンなどの導入事例から、従業員への投資が業績改善に至る過程を明らかにしよう。

ゼイネップ・トンマサチューセッツ工科大学 スローンスクール・オブ・マネジメント 非常勤准教授

PDF論文:9ページ[約1,102KB]
無料:論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない