2018年7月号

仕事で「幸福」をつかむには感情的知性(EI)が不可欠である

なぜ働いても働いても不安が尽きないのか

アニー・マッキー :ペンシルバニア大学教育大学院 シニアフェロー

アニー・マッキー

ペンシルバニア大学教育大学院 シニアフェロー

米国の社員の3分の2近くが仕事に飽き、関心が持てず、疲れ果てていることを数多くの研究が明らかにしている。なぜこれほど多くの人々が、満足のいかない仕事や大きなストレス、燃え尽き症候群、慢性的な不幸感を受け入れているのか。成功すれば幸せになれると信じている人が多いが、真実は逆である。いま世界的に注目を集めているEI(エモーショナル・インテリジェンス、感情的知性)を発揮し、幸福を阻む罠を乗り越える方法を示す。

アニー・マッキーペンシルバニア大学教育大学院 シニアフェロー

PDF論文:13ページ[約2,653KB]
論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない