2018年7月号

日本企業が「アジャイル」を実践する方法

伝統的な組織を俊敏に変える3つのステップ

桜井 一正

桜井 一正

ボストン コンサルティング グループ パートナー

高部 陽平

高部 陽平

ボストン コンサルティング グループ パートナー

いま、「アジャイル」という言葉が注目を浴びている。もともとはソフトウェア開発の世界で普及したコンセプトだが、高速でトライ・アンド・エラーを繰り返すこの仕事の進め方は、環境変化が激しく不確実性の高い時代において、さまざまな業種の多様な業務に適用され始めている。アジャイル手法が、従来型組織の課題を解消するうえで大きな成果を発揮することは確かである。ただし、あらゆる手法がそうであるように、けっして万能ではない。本稿では、ボストン コンサルティング グループのパートナーであり、多くの企業でこの手法の導入を支援してきた桜井一正氏と高部陽平氏により、その概要とボトルネック、そして、日本企業が実践する際の具体的な方法論が示される。

桜井 一正ボストン コンサルティング グループ パートナー

高部 陽平ボストン コンサルティング グループ パートナー

PDF論文:14ページ[約1,079KB]
無料:論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない