2018年6月号

最良のリーダーは偉大な教師である

部下は仕組みでは育たない

シドニー・フィンケルシュタイン :ダートマス大学 タックスクール・オブ・ビジネス 教授

シドニー・フィンケルシュタイン

ダートマス大学 タックスクール・オブ・ビジネス 教授

部下の教育や成長の促進は、能力開発研修や評価制度などの仕組みで行うものと、思い込んでいないだろうか。リーダー研究を重ねてきた筆者は、優れたリーダーと並のリーダーの違いは、日々折々に触れて部下の個別教育にいそしむかどうかにあると言う。いわゆるOJT(オン・ザ・ジョブ・トレーニング)だが、そこで扱う内容は業務に役立つ知識・スキルから、ビジネス原則や処世術まで多岐にわたる。しかも、部下の心に深く刻み込まれ、後々まで教訓となることが多い。こうした教育は誰にでも可能だが、教えるべき内容やタイミングをわきまえ、個々人が受け入れやすい方法論を選ぶことがポイントになる。

シドニー・フィンケルシュタインダートマス大学 タックスクール・オブ・ビジネス 教授

PDF論文:8ページ[約1,467KB]
無料:論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない