2018年6月号

会議の三重苦を解決する5つのステップ

頻度、タイミング、拙い進行を改める

レスリー A. パーロウ

レスリー A. パーロウ

ハーバード・ビジネス・スクール 教授

コンスタンス・ヌーナン・ハドリー

コンスタンス・ヌーナン・ハドリー

ボストン大学 クエストロムスクール・オブ・ビジネス 講師

ユーニス・ウン

ユーニス・ウン

ハーバード・ビジネス・スクール 研究員

多すぎる会議は、しばしばビジネスパーソンの不満の種となり、それを放置することで、生産性、集中力、エンゲージメントなどに悪影響を及ぼすことがわかっている。本稿では、チームや組織の会議への取り組み方を変える5つのステップと、事前に行うべき診断作業を説明する。会議の変革の成果は、会議の場を超えて、組織全体に広がることが多く、組織変革の一助にもなるだろう。  

レスリー A. パーロウハーバード・ビジネス・スクール 教授

コンスタンス・ヌーナン・ハドリーボストン大学 クエストロムスクール・オブ・ビジネス 講師

ユーニス・ウンハーバード・ビジネス・スクール 研究員

PDF論文:11ページ[約1,317KB]
論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない