2018年6月号

テクノロジーは絆を深めるか

スラックCEOとの一問一答

スチュワート・バターフィールド :スラック・テクノロジーズ CEO

スチュワート・バターフィールド

スラック・テクノロジーズ CEO

現代のオフィスでは、多くの人がコンピュータ画面に向かい、一昔前よりも会話はぐっと減っている。こうした環境で、同じ職場の人々とつながっているといえるのか。テクノロジーは職場の孤独にどのように作用しているのか。HBR誌シニアエディターのローラ・アミコが、スラック・テクノロジーズの創業者、スチュワート・バターフィールドに聞いた。スラックは多くの職場でコミュニケーションツールとして利用されている。

スチュワート・バターフィールドスラック・テクノロジーズ CEO

PDF論文:5ページ[約1,166KB]
無料:論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない