2018年6月号

「つながっていたい」気持ちは人間の本能である

孤独と仕事に関する研究からわかること

スコット・ベリナート :『ハーバード・ビジネス・レビュー』シニアエディター

スコット・ベリナート

『ハーバード・ビジネス・レビュー』シニアエディター

さまざまな研究から、孤独は個人にも組織にも悪影響があることがわかっている。孤独は人の心身を蝕み、それは組織の生産性や創造性を損なうからだ。しかし、孤独の解消は意外に簡単で、周りの弱いつながりの人(コーヒーショップの店員や、たまたま電車で隣り合わせになった人など)との交流でも、思いがけないメリットがあるという。本稿ではさまざまな孤独に関する研究から「つながりの大切さ」を検証する。

スコット・ベリナート『ハーバード・ビジネス・レビュー』シニアエディター

PDF論文:5ページ[約745KB]
無料:論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない