2007年10月号

顧客経験のマネジメント

全社的な取り組みがカギ

クリストファー・メイヤー

クリストファー・メイヤー

ストラテジック・アラインメント・グループ 会長

アンドレ・シュワッガー

アンドレ・シュワッガー

サトメトリクス・システムズ 創設者

顧客満足は、顧客の「期待」と「経験」が一致した時に高まる。顧客の期待を調査・分析する企業は多いが、顧客の経験となると稀である。顧客のほとんどがその顧客経験に不満を抱いているにもかかわらず、企業のほとんどが顧客経験を勘違いしている。製品やサービスの過剰機能や機能過多、条件のわかりにくい特典、人が対応するまで延々とボタンを押させる自動応対サポートなど、どれも顧客経験を見失っている証拠にほかならない。不愉快な顧客経験は、満足度を低下させるばかりか、離反を促す。

クリストファー・メイヤーストラテジック・アラインメント・グループ 会長

アンドレ・シュワッガーサトメトリクス・システムズ 創設者

PDF論文:15ページ[約1,130KB]
無料:論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

おすすめの論文

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない