2012年8月号

製造業は復活できる

GEの最新の取り組みをトップが語る

ジェフリー R. イメルト :ゼネラル・エレクトリック 会長兼CEO

ジェフリー R. イメルト

ゼネラル・エレクトリック 会長兼CEO

「市場はダーウィンの進化論に従う」という説がある。他の成熟経済と同じく、アメリカ経済の主力は、農業から製造、さらにはサービスへと、進化のプロセスに似た自然淘汰によって変遷してきたのだと。しかし、ゼネラル・エレクトリック(GE)の会長兼CEOジェフリー・イメルトによれば、アメリカの製造業は衰退するよう運命づけられてなどいないという。 同社は最近ではアウトソーシングを減らして国内での製造を拡大している。2010年と2011年に国内で製造分野の雇用を7000人以上も創出した。同社が製造現場でどれだけ成果を上げられるかは、人材と技術、両面のイノベーションにかかっており、これらはアメリカのモノづくりを復権へと導くカギでもある。 グローバルな競争で勝ち残るには、イノベーション重視の強い姿勢と、中小企業や製造業の支援を柱とした安定した金融システムが不可欠である。本稿では、GEの最新の取り組みを基に、製造業復活のシナリオを提示する。

ジェフリー R. イメルトゼネラル・エレクトリック 会長兼CEO

PDF論文:9ページ[約1,854KB]
無料:論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない