2018年5月号

ハブ・エコノミー:少数のデジタル企業が世界を牛耳る時代

グーグル、アップル、アマゾン、アリババ……

マルコ・イアンシティ

マルコ・イアンシティ

ハーバード・ビジネス・スクール 教授

カリム R. ラカーニ

カリム R. ラカーニ

ハーバード・ビジネス・スクール 教授

アマゾンやグーグル、アップルなど、デジタルパワーを活かした少数の企業が、ネットワークを押さえ、そこから上がる富を一人占めしている。こうしたネットワークのハブを押さえた企業に価値や権力、データが集中する状況では、社会や経済が不安定になるのは避けられず、これを問題視する声も上がり始めた。こうしたハブ・エコノミーの興隆のメカニズムを探るとともに、旧来型のビジネスである自動車業界を例に取り、今後の変化やハブ・エコノミーに対抗する方法などを考察する。ハブ・エコノミーの進化は止められない。しかし健全な経済社会の維持のために、何をすべきなのだろうか。

マルコ・イアンシティハーバード・ビジネス・スクール 教授

カリム R. ラカーニハーバード・ビジネス・スクール 教授

PDF論文:13ページ[約2,435KB]
論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない