2018年5月号

組織再編:一新か、修正か

変革を効果的に進めるためのフレームワーク

ステファン J. G. ジロー

ステファン J. G. ジロー

IMD 教授

サミナ・カリム

サミナ・カリム

ノースイースタン大学 ダモア・マッキム・スクール・オブ・ビジネス 准教授

変化を続ける市場に対応するために、企業はしばしば組織再編を迫られる。組織再編には、組織を一新する再構築(リストラクチャリング)と、微調整に留める再構成(リコンフィギュレーション)がある。どちらもイノベーションを推進し、業績の向上を目指す点では同じだが、成功するかどうかは状況によりけりである。筆者らは、これら2つの方法についてさまざまな事例をもとに、定性的かつ定量的な研究を続けてきた。組織の一新か、修正か、適切な方法を選び、効果を最大にするためのフレームワークを提示する。

ステファン J. G. ジローIMD 教授

サミナ・カリムノースイースタン大学 ダモア・マッキム・スクール・オブ・ビジネス 准教授

PDF論文:7ページ[約733KB]
論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない