2007年12月号

【第六回】生い立ちと社憲

立石一真ものがたり「できません」と云うな

湯谷 昇羊 :ダイヤモンド社 論説委員

湯谷 昇羊

ダイヤモンド社 論説委員

一真は一九五九年(昭和三四年)、会社の憲法といえる「社憲」を定めた。これは、企業は単に利益を追求するだけではなく社会に奉仕する存在でなければならず、よって「企業の公器性」を会社のバックボーンとすべきとの考え方に基づいている。一真の生い立ちをさかのぼりながら、日本産業界においていち早くCSR(企業の社会的責任)の重要性に気づいた一真の経営哲学をひもとく。

湯谷 昇羊ダイヤモンド社 論説委員

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない