弱みを見せる

 自信があれば何があっても揺らがない、と考えがちだ。しかし実際には、弱みこそ最大の強みになることがある。

 聴衆と本当の意味でつながるには、人間らしさを見せることが大切だ。すなわち、欠点があり、間違いもするあなたという人間を、聴衆によく知ってもらうのだ。あなた自身が心を開かない限り、聴衆の心ともつながりようがない。人が集まるのは、あなたの伝える情報がほしいからだけではない。何かを感じ、新しい人間関係を結ぶために来てくれるのだ。

 話の内容に心がこもるほど、聴衆も気持ちのつながりを感じるだろう。聴衆は、あなたと同じ感情を抱くようになる。マンディはコンサートで身の上話をして、1曲1曲の歌が自分にとってなぜ意味があるのかを語る。マークはワークショップにおいて、キャリアの中でどうやっていまの考え方に至ったかを伝える。話に普遍性を持たせる最良の方法は、ときとして自分について語ることなのである。

 その瞬間に集中する

 体をステージの上に置くだけでは、その場に「いる」ことにはならない。聴衆は、ステージでの言動以上に、あなたの考え方や感じ方に共感する。そのため、気持ちのつながりをしっかり得るには、あなたは完全にその場にいる必要がある。

 いま、この瞬間に集中する助けになりそうなことを見つけよう。会場に出向く前に何かをするのもよい。マンディは母親から教わった、「自分の頭から抜け出すように(get out of her own head.)」というアドバイスを覚えている。彼女は、各地を回るツアー中に不安になったり、気分が乗らなくなったりすると、何か違った楽しいことを見つけるようにしている。

 マンディは最近、メンフィスに行って、エルビス・プレスリー邸のグレースランドを訪ね、気分を一新することができた。マークの場合は、ホットヨガ教室が同じ効果をもたらす。頭の中のモヤモヤを晴らして、自然と集中できる状態にしてくれる。ステージ上で素早く落ち着ける方法としては、足をしっかりと踏みしめ、深呼吸して、聴衆の中に心が通じそうな優しい顔を見つけることだ。あなたをその場、その瞬間に引き戻すものなら何でもよい。

 惜しみなく分かち合う

 不安を減らす何よりの方法は、聴衆に伝える内容を惜しまず充実させることだ。

 スピーチをするにせよ、パフォーマンスをするにせよ、ただ仕事だからという以上の理由が何かあるはずだ。あなたには、聴衆に伝えたいメッセージがある。職場に、チームに、家庭に、コミュニティに持ち帰って役立ててほしい何かがあるのだ。それは意見か、刺激か、方向づけか、あるいは何かの体験かもしれない。

 マンディにとっては、自分の歌声で人の魂を動かすことであり、そうするたびに彼女自身も刺激を受ける。マークの場合は、人々に新しい考え方を示すことだ。あなたは、聴衆に何を与えたいのか。周囲にそれを広めたいという情熱を、どうすれば形にできるのか。いかに惜しみなく伝えられるか。その中で、自分をどこまでさらけ出すことができるか。

 以上の5ヵ条を実行する際に、ちょっとしたバランスを取る必要があることに留意しよう。

 あなたの自我が敵になることがあるのだ。自我が強すぎると人に弱みを見せることができず、聴衆と気持ちのつながりも生まれない。逆に自我が弱すぎると、聴衆から十分な信頼を得られず、自分の才能を発揮できない。このバランスは実に微妙で、だからこそ、その瞬間、その場に集中することがとりわけ重要なのだ。あなたは常に自分自身を調整して、「自信たっぷりに謙遜し、深く謙遜する自信を持つ」ようにしなくてはならない。

 最後に、仲間がいると恐怖は和らぐ。恐怖を減らしてくれる相手を見つけよう。「恐怖減らし隊」の仲間である。互いに助け合って準備を進め、現実を直視し、弱みも見せ、その場に集中し、惜しみなく分かち合う。互いに互いの才能を引き出そう。人は誰でも、何かしら他人に与えられるものを持っている。話すことはそれを分かち合う機会である。

 そして、忘れないでほしい。あなたなら、できる。


HBR.ORG原文:5 Ways to Get Over Your Fear of Public Speaking, February 23, 2018.

■こちらの記事もおすすめします
成功したリーダーはやっている、プレゼンで自信を示す6つの方法
『脅威のプレゼン』シリーズ著者が示す、TEDの3大プレゼン術
プレゼンテーションを成功させる知恵

 

マーク・ボンチェク (Mark Bonchek)
シフト・シンキングの創設者兼最高洞察責任者(Chief Epiphany Officer)。リーダーや組織の思考をデジタル時代にふさわしいものへとアップデートする、サポートを行う。シフトのニュースレターの申し込みはこちら。ツイッター@MarkBonchekでも発信中。
 

マンディ・ゴンザレス(Mandy Gonzalez)
舞台、テレビ、映画で活躍する女優・シンガー。現在、ブロードウェイの舞台『ハミルトン』でアンジェリカ・スカイラー役を演じている。デビューアルバム『Fearless』を2017年秋に発売。SNS上のインクルーシブかつポジティブな活動#FearlessSquadの創始者。