2007年12月号

グローバルB2Bマネジメント

四つの基準と三つのアプローチで成功率を高める

ジョージ・S・イップ

ジョージ・S・イップ

ロンドン・ビジネススクール 教授

オードリー・J・M・ビンク

オードリー・J・M・ビンク

アクスブリッジ・カレッジ マーケティング・コミュニケーション学部長

新興市場の台頭によって、グローバル化に拍車がかかっている。その結果、多国籍企業やグローバル化に意欲的な企業を顧客に抱える企業は、新たな能力を育成しなければならない。その能力こそ「グローバル・アカウント・マネジメント」(GAM)である。多くのサプライヤーはその対応に四苦八苦しているが、正しく導入できればさらなる成長が望める戦略的ツールである。本稿では、ヒューレット・パッカードやユニリーバ、IBMなど、GAMのベスト・プラクティスを引きながら、事前に検討すべき四つの基準と三つの基本アプローチを紹介する。

ジョージ・S・イップロンドン・ビジネススクール 教授

オードリー・J・M・ビンクアクスブリッジ・カレッジ マーケティング・コミュニケーション学部長

PDF論文:13ページ[約1,541KB]
論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない