2018年4月号

取締役会の新たな役割:イノベーションを統治する

変わりつつある経営陣との関係

リンダ A. ヒル

リンダ A. ヒル

ハーバード・ビジネス・スクール 教授

ジョージ・デイビス

ジョージ・デイビス

マクアンドリューズ・アンド・フォーブス エグゼクティブ・バイスプレジデント

かつて取締役会は、堅実かつ慎重な意見の代弁者として、経営陣にリスクの低減を求めてきた。しかしいまでは、競争優位の獲得のため、現状を打破するイノベーションを求めるようになっている。イノベーションの推進という課題が、コーポレートガバナンスを大きく変えようとしているのだ。しかし、こうした新しい関係性に馴染めない取締役も多い。筆者らは大手企業の取締役に調査し、イノベーションの統治という取締役会の新たな課題と改善点を分析した。

リンダ A. ヒルハーバード・ビジネス・スクール 教授

ジョージ・デイビスマクアンドリューズ・アンド・フォーブス エグゼクティブ・バイスプレジデント

PDF論文:10ページ[約1,485KB]
論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない