2018年4月号

「成長」から「成熟」への戦略分岐点

小売業界から高利益率を維持する施策を学ぶ

マーシャル・フィッシャー

マーシャル・フィッシャー

ペンシルバニア大学 ウォートンスクール 教授

ビシャル・ガウル

ビシャル・ガウル

コーネル大学 ジョンソンスクール・オブ・ビジネス 教授

ハーブ・クラインバーガー

ハーブ・クラインバーガー

ニューヨーク大学 スターンスクール・オブ・ビジネス 非常勤教授

小売業界は企業の栄枯盛衰が激しい。既存企業とは異なるサービスやビジネスモデルで消費者ニーズをつかむことに成功した小売企業は、順調に成長を続けるが、いずれ壁にぶつかる。その際、企業は何をすべきか。巨大小売企業37社の財務データを分析した結果、売上げが鈍化した後に生じる利益率の差は、戦略転換の有無に起因することがわかった。本稿では、いつ、どのように戦略を変えるべきかを判断する指標を示し、低成長でも利益を高める生産性向上策を提案する。その示唆は他業界にも通じる。

マーシャル・フィッシャーペンシルバニア大学 ウォートンスクール 教授

ビシャル・ガウルコーネル大学 ジョンソンスクール・オブ・ビジネス 教授

ハーブ・クラインバーガーニューヨーク大学 スターンスクール・オブ・ビジネス 非常勤教授

PDF論文:15ページ[約2,827KB]
論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない