イノベーティブな人材を
多様な経験を通じて育成

早稲田大学ビジネススクール 准教授
入山章栄
 Akie Iriyama
慶應義塾大学経済学部卒業、同大学院経済学研究科修士課程修了。三菱総合研究所で主に自動車メーカーや国内外政府機関へのコンサルティング業務に従事した後、2008年に米ピッツバーグ大学経営大学院よりPh.D.を取得。同年より米ニューヨーク州立大学バッファロー校ビジネススクール助教授。2013年から現職。

本間 かつてSDメモリーカード事業の立ち上げに携わった経験を振り返っても、グローバルなデファクトに至るまでのブレイクスルーは、すべて外部との接触によってもたらされました。中でも印象深いのは、レコード会社の知人とのやりとりがヒントになって「携帯電話にSDカードを活用する」というアイデアが生まれたことです。これによってSDカードの活用が一気に進みました。

入山 私の知り合いの経営者で「発想力は移動距離に比例する」と言う方がいるのですが、まさにその通りで、動けば動くほど発想は広がります。パナソニックのような大企業の場合、社内を動き回るだけでも大きな相互作用が起きるはずです。そこで重要な役割を果たすのが、社内をぐるぐる回ってどこで何が起きているかを把握し、必要に応じて人や情報をつなぐ「回遊魚型の人材」です。これは「トランザクティブ・メモリー」という理論で説明できます。知識そのものより「誰が何を知っているか(Who knows what)」という情報を共有している組織はイノベーションを起こしやすい。IBMやGEでもこうした人材を意識的に登用して生産性を高めているようです。

本間 私の場合、SDカード事業の立ち上げで顧客になりそうな全世界の企業を片っ端から訪ねた経験のおかげで、価値観の異なる人の間を動くことに抵抗がなくなりましたね。

入山 経営学でいう「イントラパーソナル・ダイバーシティ(個人内多様性)」ですね。今、注目されている若いイノベーターの多くがマルチキャリア経験者ですが、多様性こそがイノベーションを生み出すカギだと考えれば当然のことです。たとえば未来食堂を開いた小林せかい氏は元エンジニアですし、視認追跡を搭載した革新的なVRヘッドセット「フォーブ」を生み出した小島由香氏には漫画家の経験があります。一見、今の仕事と関係が薄い経験がイノベーションを生む。社内でもさまざまな異なる経験を積ませることは、人材育成に欠かせない視点です。

 いっぽうで、多くの経営者と話していると、やはり日本企業はトップダウンの仕組みがある程度あった方がうまくいくのではないかとも思っています。その点、GCカタパルトはトップによる方向付けとボトムアップのイノベーションの両方を兼ね備えている。日本型イノベーションのよいモデルになり得ると思います。