2018年3月号

経営理論の組み立て方 ロジックの賢人ほど、「人とは何か」を突き詰める

世界標準の経営理論(42)

入山 章栄 :早稲田大学ビジネススクール 准教授

入山 章栄

早稲田大学ビジネススクール 准教授

ビジネスパーソンは自身の経験をもとに、「組織には多様性が重要」「これからは攻めの経営が求められる」など、「経営の真理法則」のようなものを日々語っている。しかし、これらの文言は抽象的で曖昧ゆえに、相手と話が噛み合わなかったり、会議が迷走することすらある。一方、「経営の真理法則」を突き詰めるのは、経営理論も同じだ。それが学術的に厳格なだけである。両者の違いは、具体的にどこにあるのか。本稿では経営学の理論構築のエッセンスを解説しながら、ビジネスパーソンが自身の考えを論理的に組み立て、表現していくための視座を提供する。

入山 章栄早稲田大学ビジネススクール 准教授

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない