2007年12月号

イノベーション・バリューチェーン

アイデアの開発、変換、普及を管理する

モルテン・T・ハンセン

モルテン・T・ハンセン

INSEAD 教授

ジュリアン・バーキンショー

ジュリアン・バーキンショー

ロンドン・ビジネススクール 教授

事業化に劣るインテュイットとNIH症候群のP&Gでは、言うまでもなくイノベーション課題は異なる。マイケル・ポーターは、一連の事業プロセスを「バリューチェーン」というコンセプトで説明したが、イノベーション活動も同じように考えることができる。この結果、イノベーション活動は「アイデアの開発」「アイデアの変換」「変換したアイデアの普及」という三段階に分けられる。このイノベーション・バリューチェーンに照らせば、自社の本当の課題がわかるだけでなく、必要な施策もはっきりする。

モルテン・T・ハンセンINSEAD 教授

ジュリアン・バーキンショーロンドン・ビジネススクール 教授

PDF論文:15ページ[約1,108KB]
無料:論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない