2018年3月号

顧客の習慣を科学する

なぜ同じ商品やサービスが選ばれ続けるのか

渡邊 克巳 :早稲田大学 理工学術院 教授

渡邊 克巳

早稲田大学 理工学術院 教授

ほとんどの人には、特別な理由がないにもかかわらず、習慣的に買い続けている商品やサービスがあるのではないか。それらはなぜ、選ばれ続けるのか。実際のところ、その真の理由は本人でもわからない。ましてや、企業がアンケートやインタビューを行うことで、それを把握するのはほぼ不可能である。しかし、顧客の行動原理を理解することで、自社の商品・サービスが選ばれ続けるヒントを得ることはできる。本稿では、実験心理学・認知科学・脳神経科学の専門家であり、早稲田大学教授を務める渡邊克巳氏によって、習慣的な購買行動を生むメカニズムが解き明かされる。

渡邊 克巳早稲田大学 理工学術院 教授

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない