2008年1月号

【第七回】自動券売機、再婚

立石一真ものがたり「できません」と云うな

湯谷 昇羊 :ダイヤモンド社 論説委員

湯谷 昇羊

ダイヤモンド社 論説委員

一九六〇年代前半、流通革命がさかんに喧伝され、立石電機は自動制御技術とコンピュータを組み合わせた最先端自販機の開発に取り組む。これは、第五回東京国際見本市に出展され、また大丸の自動食券機として実用化する。なおこの頃、一真に再婚話が持ち上がり、長女の嫁ぎ先の姑である信子と再婚する。

湯谷 昇羊ダイヤモンド社 論説委員

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない