2018年2月号

潜在能力を開花させる経営リーダーの育成法

現在のコンピテンシー水準とのギャップを埋めよ

クラウディオ・フェルナンデス=アラオス

クラウディオ・フェルナンデス=アラオス

エゴンゼンダー シニアアドバイザー

アンドリュー・ロスコー

アンドリュー・ロスコー

エゴンゼンダー ロンドンオフィス パートナー

荒巻 健太郎

荒巻 健太郎

エゴンゼンダー 東京オフィス パートナー

世界有数の大企業では、新任CEOの30%が社外から招聘されているという調査がある。これは社内の人材不足が原因ではなく、多くの組織が将来のリーダーをどう育成すればよいのか理解していないために、リーダー候補が思うような活躍ができないせいだと筆者らは指摘する。社内でリーダーを育てるためにはどうすればいいのか。本稿では、各人の潜在能力と現在のコンピテンシー水準を見極め、潜在能力から見た成長余地を把握して必要な経験や支援を与えるという、科学的な人材育成方法を提案し、その方法を解説する。

クラウディオ・フェルナンデス=アラオスエゴンゼンダー シニアアドバイザー

アンドリュー・ロスコーエゴンゼンダー ロンドンオフィス パートナー

荒巻 健太郎エゴンゼンダー 東京オフィス パートナー

PDF論文:12ページ[約1,222KB]
無料:論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない