2018年2月号

ビジュアル・コミュニケーション:データの可視化で解を導く

ビッグデータ時代の意思決定力を高める

スコット・ベリナート :『ハーバード・ビジネス・レビュー』シニアエディター

スコット・ベリナート

『ハーバード・ビジネス・レビュー』シニアエディター

ビジュアル・コミュニケーション──具体的にはデータの可視化は今日、マネジャーにとって必須のスキルである。その方法でしか理解できない仕事が多くなっているからだ。この変化を推進しているのが、圧倒的なスピードとボリュームで収集されるデータである。意思決定はデータ依存度を深め、視覚化などの抽象化プロセスなしには理解できなくなっている。このコミュニケーションの優劣は、その目的とデータの質の組み合わせに応じて適切な方法を取れるようになることにかかっている。

スコット・ベリナート『ハーバード・ビジネス・レビュー』シニアエディター

PDF論文:13ページ[約816KB]
無料:論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない