2008年1月号

災害援助とCSR

民間援助機関とのパートナーシップのつくり方

アニシャ・トーマス・フリッツ

アニシャ・トーマス・フリッツ

フリッツ・インスティテュート 共同創設者

リン・フリッツ

リン・フリッツ

フリッツ・インスティテュート 会長

二〇〇四年におよそ五〇〇万人が被災した、スマトラ島沖地震とその津波は、民間企業が人道支援に関わるうえで一つの転換点になった。世界中から史上空前の金額と善意が寄せられたが、こうした反射的反応は、被災現場を混乱させ、逆効果に終わることもある。災害発生時に、企業が援助に乗り出すのは好ましいことだ。だが、コカ・コーラやファイザー、TNTなどの企業のように、あらかじめ援助機関と連携し、実際に災害が起きる前に援助計画を策定しておくことのほうが、その何倍も好ましい。

アニシャ・トーマス・フリッツフリッツ・インスティテュート 共同創設者

リン・フリッツフリッツ・インスティテュート 会長

PDF論文:12ページ[約1,508KB]
論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない