2018年1月号

経営者ならば、技術の目利きであれ

[インタビュー]社会的ニーズを満たすための技術経営

大橋 徹二 :コマツ 代表取締役社長兼CEO

大橋 徹二

コマツ 代表取締役社長兼CEO

建設機械メーカー大手のコマツは、約20年前からGPS(全地球測位システム)など先進技術の活用により高い機械稼働率を実現してきたが、大橋徹二氏が2013年に社長に就任して以来、その動きが加速している。業界に先駆けてドローンを測量に使用し、土木工事プロセス全体の3次元データをクラウドで一元管理するなどして、施工効率を飛躍的にアップ。2017年10月から同システムをオープン化し、業界全体での生産性向上を図る。「技術進歩が速い今日、最新技術の見極めと活用が競争力を決める」と考え、オープンイノベーション戦略でスピーディに最先端技術を取り込み製品化する。

大橋 徹二コマツ 代表取締役社長兼CEO

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない