2008年1月号

企業倫理の道

「企業戦略の父」が説く

ケネス・R・アンドルーズ :元 ハーバード・ビジネススクール 名誉教授

ケネス・R・アンドルーズ

元 ハーバード・ビジネススクール 名誉教授

SWOT分析の提唱者として「企業戦略の父」と呼ばれるアンドルーズは一九八九年(当時のアメリカは、金融や軍需、行政への不信感が広がっていた)、企業倫理を説いた書籍の編纂を担当し、その序文のなかで、株主価値や利潤の極大化だけが企業の存在理由ではないと警告した。本稿はその序文を推敲したものだが、アンドルーズはだれもが企業組織に身を置くと、道徳心が失われやすいため、組織としてその維持・向上に努めなければならないと説く。それは、倫理綱領を策定し、経営陣が範を垂れるだけでは十分でなく、企業戦略において具体的に反映されなければならないと訴える。

ケネス・R・アンドルーズ元 ハーバード・ビジネススクール 名誉教授

PDF論文:11ページ[約1,753KB]
無料:論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない