2018年1月号

人工知能が汎用技術になる日

認知と知覚の飛躍的な進歩

エリック・ブリニョルフソン

エリック・ブリニョルフソン

マサチューセッツ工科大学 スローンスクール 教授

アンドリュー・マカフィー

アンドリュー・マカフィー

マサチューセッツ工科大学 デジタルビジネスセンター 首席研究員

「人工知能」(AI)という言葉が生まれたのは1955年。以来、本来の実力を超えて、現実離れした期待と見通しを世間に生み出してきた。そのため「AIは飛躍的な進歩を遂げる」という考えが広まる一方で、強い懐疑論も生まれた。しかし、近年のAIは「知覚」と「認知」という2つの分野で大きな進歩を遂げた。本稿では、AIが現在すでに実現していることと、その発展がどれほど急速かを確認したうえで、AIが秘める本当の可能性とそれが実務に与える影響、そして導入の障壁について論じる。  

エリック・ブリニョルフソンマサチューセッツ工科大学 スローンスクール 教授

アンドリュー・マカフィーマサチューセッツ工科大学 デジタルビジネスセンター 首席研究員

PDF論文:16ページ[約2,224KB]
論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない