最後に、5つ目の反応としては、「商品もチャネルも、すべてが当社の差別化要因である」「うちはあらゆる顧客に価値を提供している」といった、フォーカスを絞ることに対する拒否感情があります。

 我々はよく「way to play」という言葉で表現するのですが、どこで勝つのか、そのためにどんなケイパビリティが必要なのか、そういった議論が不十分だと、結局、「あらゆることをなるべく安くやる」という結論となり、どこにも競争優位がないままただ競争は続く、という苦境に陥ってしまいます。

 サッカーに例えれば、堅守速攻で勝つのか、それともオールコートでプレッシャーをかけて球を奪い、パスをつないで勝つのか。そうした「way to play」の違いによって、揃えるべき選手も、どういう練習をすべきかもまったく変わってくるはずです。

 仮にある業界において総合的にサービスを提供していることが存在意義であるとしても、本当に勝たなければならないサービスにはリソースを集中配分する一方、ラインアップとして用意できていればいいサービスは他社と連携して低コストで提供するといったメリハリの付け方もあるはずです。

 ここまで述べた5つの反応から浮かんでくるのは、コスト削減に関わる取り組みや組織のあり方が「正しくない」がゆえに、せっかくかけている労力がムダなものになっているのではないか、という疑問です。ここで「正しくない」というのは、企業の戦略上、「正しくない」ということであり、だからこそ「成長のための最適化」という視点を加えることで、「正しい」取り組み、組織のあり方へと転化できるはずです。

 実際、私が日本で支援している複数の事例では、戦略に基づき「なぜ行うのか」について理解を得たうえで着手することによって、より前向きかつ建設的な議論と取り組みが進んでいます。

<PR>

関連記事

>> 自社独自のケイパビリティと市場ニーズをマッチさせる
ポール・レインワンド氏に聞く 戦略を確実に実行する法【前編】

>> 自社独自のケイパビリティを改善し、需要を創造する
ポール・レインワンド氏に聞く 戦略を確実に実行する法【後編】

>> コストとは投資である 一律削減は成長を生まない
「Fit for Growth」で成長に必要な筋力を鍛える

>> 特別インタビュー
自社の強みを見極め事業コヒーレンスを高めるべき    [PR]

>> セミナーレポート
戦略と実行を結びつける「5つの行動様式」とは    [PR]

>> AIは失敗からも学ぶ
知的なリスクテークを恐れず日本企業ならではの新たな利活用を試行せよ    [PR]