2008年1月号

破壊的イノベーションで社会変革を実現する

現状投資に意味はない

クレイトン・M・クリステンセン

クレイトン・M・クリステンセン

ハーバード・ビジネススクール 教授

ハイナー・ボーマン

ハイナー・ボーマン

ニュー・プロフィット CKLO

ルディ・ラグルス

ルディ・ラグルス

コラボレーティブ・イノベーション・サービス 社長

トーマス・M・サドラー

トーマス・M・サドラー

CA バイス・プレジデント

社会問題への取り組みがさまざまになされているが、ここに「破壊的イノベーション」の考え方を導入することで、新たなソリューションが生まれ、これまで以上のインパクトが期待できる。そのようなソリューションを、「触媒的イノベーション」と呼ぶ。「ウォークイン・クリニック」やグループ医療保険、eラーニングやコミュニティ・カレッジ、マイクロ・ファイナンスなどはその典型である。

クレイトン・M・クリステンセンハーバード・ビジネススクール 教授

ハイナー・ボーマンニュー・プロフィット CKLO

ルディ・ラグルスコラボレーティブ・イノベーション・サービス 社長

トーマス・M・サドラーCA バイス・プレジデント

PDF論文:10ページ[約937KB]
無料:論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

おすすめの論文

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない