2017年12月号

働く人とお客様を同時に幸せにする未来の老舗

Inventing the Future:未来をつくる(13)

御手洗 瑞子 :気仙沼ニッティング 代表取締役

御手洗 瑞子

気仙沼ニッティング 代表取締役

ブータン政府の首相フェローとして産業育成を担当した後、東日本大震災に襲われた宮城県気仙沼市に一人、移り住んだ。縁もゆかりもない土地で、地元の人が誇りをもって働ける100年企業をつくるために。そうして立ち上げた編み物の会社、気仙沼ニッティングは、会社を超えて夢を共有する仲間とともに成長しつつある。

御手洗 瑞子気仙沼ニッティング 代表取締役

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない