2017年12月号

健全な資本主義のためのコーポレートガバナンス

エージェンシー理論から企業主体の理論へ

ジョセフ L. バウアー

ジョセフ L. バウアー

ハーバード・ビジネス・スクール 名誉教授

リン S. ペイン

リン S. ペイン

ハーバード・ビジネス・スクール 教授

物言う株主たちのせいで、企業が短期的利益のみ追求し長期的視点を持てない、とは最近よく指摘されることである。物言う株主たちは「経営の目的は株主価値の最大化である」ことを大義に掲げているが、この考え方は1970年代に経営学者が提唱した、エージェンシー理論に源流がある。本稿ではこのエージェンシー理論の問題点を挙げ、その影響を解説したうえで、企業中心のよりよい理論を構築するため、企業統治と株主対応の拠り所となる8つの命題を提示する。企業経営に真に求められているものは何か、そのための統治手法とは何だろうか。

ジョセフ L. バウアーハーバード・ビジネス・スクール 名誉教授

リン S. ペインハーバード・ビジネス・スクール 教授

PDF論文:19ページ[約2,584KB]
無料:論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない