2008年2月号

【第八回】交通管制システム

立石一真ものがたり「できません」と云うな

湯谷 昇羊 :ダイヤモンド社 論説委員

湯谷 昇羊

ダイヤモンド社 論説委員

一九六〇年代を迎え、特約店支援の「オムロン発展会」「立石販売学校」の立ち上げ、分権と自律をより促す「専務制プロデューサー・システム」の導入など、一真は経営のさらなる強化を図る。そして、六五年八月の大阪第一部市場に続いて、翌六六年には東京第一部、名古屋第一部市場への上場を果たす。さらに、新たな市場を求めて東京に進出し、警察庁科学警察研究所とのつき合いから「交通管制」という有望分野へと参入し、見事成功を収める。

湯谷 昇羊ダイヤモンド社 論説委員

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない