2017年12月号

アナリティクスによるGE式人材管理

バイアスを排した評価で社員の不満を低減する

スティーブン・プロケッシュ :『ハーバード・ビジネス・レビュー』シニアエディター

スティーブン・プロケッシュ

『ハーバード・ビジネス・レビュー』シニアエディター

人材は最も重要な資産であるが、多くの企業で、その管理をめぐる判断にはバイアスがかかっている。このことから発生する社員の不満や離職は、企業に多大な損害をもたらす。事業の大転換によって大量の人材が新たに入社したゼネラル・エレクトリックは、科学的に人材管理を行うため、アナリティクスを導入した。社員一人ひとりの職歴や特性を把握し、個々に必要な研修を行い、他の社員や仕事とマッチングさせるシステムである。 ※本稿は「GEで切り拓いたデジタル・インダストリアル・カンパニーへの道」の内容を基に構成されています。

スティーブン・プロケッシュ『ハーバード・ビジネス・レビュー』シニアエディター

PDF論文:6ページ[約739KB]
論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない