2008年2月号

Y理論は万能ではない

コンティンジェンシー理論で考える

ジョン・J・モース

ジョン・J・モース

元 カリフォルニア大学ロサンゼルス校 経営大学院 教授

ジェイ・W・ローシュ

ジェイ・W・ローシュ

ハーバード・ビジネススクール 教授

人々の自発性を促し、その勤労意欲と業績を向上させるには、ダグラス・マグレガーが唱えた「Y理論」が有効であるとされる。この金科玉条は、知識社会の到来によって、いっそう支配的になっている。しかし、Y理論への過信がかえって業績低下を招くこともある。コンティンジェンシー理論の提唱者の一人、ジェイ・ローシュらは、二つの工場と二つの研究所を比較した結果、業務と組織と人材がフィットした時、人々の「センス・オブ・コンピタンス」への動機が高まり、その結果として業績が向上するのであって、Y理論は必ずしも万能ではないという結論を導き出した。

ジョン・J・モース元 カリフォルニア大学ロサンゼルス校 経営大学院 教授

ジェイ・W・ローシュハーバード・ビジネススクール 教授

PDF論文:13ページ[約1,638KB]
論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない