2017年11月号

米国海軍に学ぶ気候変動の戦略学

「後悔しない」取り組みから「賭け」の戦略へ

フォレスト L. ラインハート

フォレスト L. ラインハート

ハーバード・ビジネス・スクール 教授

マイケル W. トフェル

マイケル W. トフェル

ハーバード・ビジネス・スクール 教授

気候変動は軍務や人道活動への需要を押し上げるなど、米国海軍においても影響が大きい。そのため、海軍においても気候変動のスピードを「緩和」し、影響を和らげる「適応」というやり方で対処してきた。そして海軍では、気候変動が予想よりも進まず結局は無駄になってしまうような取り組みにも投資している。企業はともすれば、効果が確実なものだけに投資を集中させる傾向があるが、海軍のこうした戦略的アプローチは参考にすべきである。

フォレスト L. ラインハートハーバード・ビジネス・スクール 教授

マイケル W. トフェルハーバード・ビジネス・スクール 教授

PDF論文:13ページ[約4,149KB]
無料:論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない