2008年2月号

リーダーシップの新しい使命

変化適応の時代における六つの原則

ロナルド・A・ハイフェッツ

ロナルド・A・ハイフェッツ

ハーバード大学 ジョン・F・ケネディ行政大学院 上級講師

ドナルド・L・ローリー

ドナルド・L・ローリー

オイスター・インターナショナル 共同創設者

変化する事業環境を生き残るためには、組織の行動様式を変化に適応させなければならない。変化を恐れ、手をこまねいている企業は衰亡する。競争社会におけるリーダーシップの目標は、みずから問題の解決策を示すことではなく、社員がみずから責任を持って変化に適応するよう導くことである。しかしこうしたリーダーシップは、きわめて難易度が高い。ブリティッシュ・エアウェイズやスカンジナビア航空、KPMGオランダの例を引きながら、指針とすべき六つの原則を示す。

ロナルド・A・ハイフェッツハーバード大学 ジョン・F・ケネディ行政大学院 上級講師

ドナルド・L・ローリーオイスター・インターナショナル 共同創設者

PDF論文:16ページ[約1,999KB]
無料:論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない