2017年11月号

逸材を襲う組織人の呪縛

「理想化」と「同一化」の葛藤を乗り越えられるか

ジェニファー・ペトリグリエリ

ジェニファー・ペトリグリエリ

INSEAD 助教授

ジャンピエロ・ペトリグリエリ

ジャンピエロ・ペトリグリエリ

INSEAD 准教授

有能な人材ほど早期に出世コースに乗り、組織内で責任ある立場を任されるが、リーダーとしての成長が順調に進まないケースがよく見られる。彼らは、組織に変革をもたらす稀有な存在でありたいという理想を追求すると同時に、組織と同一化して完璧なマネジャーを目指すべきという2つの相反する想いに押し潰され、みずから型にはまってしまうのだ。その結果、抜擢時に期待された「将来のリーダー」ではなく、「並外れて優秀なフォロワー」が誕生する。本稿では、優れた能力を有するがゆえの呪縛から解放されるための、3つのステップが提示される。

ジェニファー・ペトリグリエリINSEAD 助教授

ジャンピエロ・ペトリグリエリINSEAD 准教授

PDF論文:12ページ[約898KB]
無料:論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない