2017年11月号

「建設的な不調和」で企業も社員も活性化する

同調圧力が生産性を低下させる

フランチェスカ・ジーノ :ハーバード・ビジネス・スクール 教授

フランチェスカ・ジーノ

ハーバード・ビジネス・スクール 教授

組織は活動が順調だと、組織内に「調和」圧力が生まれる。その結果、メンバーのほとんどが、職場では本当の自分になれないと感じ、仕事に退屈する。周囲は、自分と同じように考える人々ばかりになる。そして生産性は低下し、イノベーションも起きにくくなる。こうした問題を回避するには、「建設的な不調和」が必要である。リーダーが組織に調和をもたらすように働きかける時間の半分でいいから、建設的逸脱を組織内に育てるために使えば、社員の働く意欲が高まり、創造性豊かな組織へと変わっていく。

フランチェスカ・ジーノハーバード・ビジネス・スクール 教授

PDF論文:18ページ[約1,526KB]
無料:論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

おすすめの論文

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない