2008年2月号

リーダーの仕事

組織論では真の姿に迫れない

トム・ピーターズ :トム・ピーターズ・カンパニー 会長

トム・ピーターズ

トム・ピーターズ・カンパニー 会長

一九七九年に発表された、トム・ピーターズのHBRデビュー作である。欧米企業二〇余社のリーダーたちへの実地調査の結果を踏まえて、これまで体系的で合理的に描かれてきた「リーダーの仕事」について、それは非現実的であり、経営学者たちの幻想にすぎないと一蹴する。ピーターズは、リーダーたちの日常は雑然としており、その結果、意思決定といっても二者択一であり、時間は細切れにしか使えず、また悪い知らせは聞かされず、何事にも長い時間が必要だと言う。しかし、このような状況に置かれているからこそ、組織の複雑性にまどわされることなく核心を突くことができ、またさまざまな課題にも的確に対処できるのだ。そして、リーダーの使命は、価値観のマネジメントであり、そのために率先垂範することであると結論する。

トム・ピーターズトム・ピーターズ・カンパニー 会長

PDF論文:14ページ[約1,731KB]
論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない