2008年2月号

権力と影響力

有能なマネジャーと無能なマネジャーは何が違うのか

ジョン・P・コッター :ハーバード・ビジネススクール 名誉教授

ジョン・P・コッター

ハーバード・ビジネススクール 名誉教授

新米マネジャーやデジタル思考のマネジャーは、会社から与えられた権限を「自分の権力」と勘違いしている。その結果、急に居丈高になったり、管理者然と振る舞ったりする。要するに、権力の意味とその使い方がわかっていないのだ。ベテラン・マネジャーや賢いマネジャーは、権力を与えられているとはいえ、上司や部下、同僚などに依存しており、したがって権力は周囲から承認されて、初めて身につけられるものであり、これを取りつける方法こそ重要であるとわきまえている。本稿は、優れたマネジャーはどのように権力を身につけ、これをどのように行使して影響力を発揮しているのか、異なる二六組織二五〇人の管理職へのインタビュー調査に基づく知見である。

ジョン・P・コッターハーバード・ビジネススクール 名誉教授

PDF論文:13ページ[約1,416KB]
無料:論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない