2008年3月号

【第九回】CD(キャッシュ・ディスペンサー)と無人駅システム

立石一真ものがたり「できません」と云うな

湯谷 昇羊 :ダイヤモンド社 論説委員

湯谷 昇羊

ダイヤモンド社 論説委員

一九六三年、一真は渡米し、世界トップの自販機メーカー、オートマチック・キャンティーンを訪問。新しい自販機の開発の話がまとまり、クレジットカード用とプリペイド方式の自販機が開発される。この成功が、その後の金融機関向けのCD機、鉄道会社向けの自動改札や無人駅システムへとつながっていく。

湯谷 昇羊ダイヤモンド社 論説委員

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない