2017年9月号

高信頼性組織の神経科学

従業員エンゲージメントを高める8つのマネジメント行動

ポール J. ザック :神経経済学研究センター 所長 兼 クレアモント大学院大学 教授

ポール J. ザック

神経経済学研究センター 所長 兼 クレアモント大学院大学 教授

「人はそもそもなぜ互いを信頼し合うのか」──信頼と経済的な成果の間の相関を見出した筆者は、この疑問に取り組み、オキシトシンという物質が信頼や共感に関わることを突き止めた。この神経科学の知見とさまざまな調査から、信頼を醸成する8つのマネジメント行動──業績の表彰やチャレンジや自由裁量を与える、情報共有など──を特定した。さらにそのうえで行った定量調査により、高信頼性組織で働く従業員は、そうでない企業で働く従業員に比べ、仕事へのエネルギーや生産性が高く、バーンアウトや病欠が少ないことが判明したのである。

ポール J. ザック神経経済学研究センター 所長 兼 クレアモント大学院大学 教授

PDF論文:10ページ[約2,011KB]
論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない