2017年9月号

ビジネスモデルを差別化する6つの要素

イノベーションの成功率を高めるために

ステリオス・カバディアス

ステリオス・カバディアス

ケンブリッジ大学 ジャッジ・ビジネススクール 教授

コスタス・ラダス

コスタス・ラダス

ケンブリッジ大学 ジャッジ・ビジネススクール アントレプレナーシップセ ンター アソシエート

クリストフ・ロッホ

クリストフ・ロッホ

ケンブリッジ大学 ジャッジ・ビジネススクール 教授

既存業界に風穴を開けた新事業の話を聞くと、きまってビッグデータ、IoT、AIなどの新しいテクノロジーを駆使している。そのため、業界に変革をもたらすのは新規テクノロジーだと錯覚しがちだが、実際にカギを握るのは、テクノロジーと顧客ニーズを結び付けて価値を提供するビジネスモデルだ。筆者たちは、新しいビジネスモデルを打ち出した40社を分析し、成功モデルでよく見られる「個別化」「循環型プロセス」「資産の共有」「従量制プライシング」「協調的なエコシステム」「機動的で適応力のある組織」の6つの特徴を抽出した。これを評価基準に用いれば、自社のモデルの診断や差別化の検討に役立つ。

ステリオス・カバディアスケンブリッジ大学 ジャッジ・ビジネススクール 教授

コスタス・ラダスケンブリッジ大学 ジャッジ・ビジネススクール アントレプレナーシップセ ンター アソシエート

クリストフ・ロッホケンブリッジ大学 ジャッジ・ビジネススクール 教授

PDF論文:9ページ[約550KB]
論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

おすすめの論文

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない