2017年9月号

ストレッチ目標で成功する企業 失敗する企業

身の丈に合わない方法では業績不振から抜け出せない

シム B. シトキン

シム B. シトキン

デューク大学 フュークアスクール・オブ・ビジネス 教授

C. チェット・ミラー

C. チェット・ミラー

ヒューストン大学 C. T. バウアー・カレッジ・オブ・ビジネス 教授

ケリー E. シー

ケリー E. シー

コロラド大学 デンバー・ビジネススクール 助教

簡単に達成できるよりも、現状よりもかなり背伸びしないと実現できないほど高い目標を掲げたほうが、企業も人材も成長する──この手法はゼネラル・エレクトリックが導入して広く知られるようになり、いまやマネジメントの常識ともなっている。野心的なマネジャーはとかく大胆なストレッチ目標を設定しがちだが、そこには思わぬ落とし穴がある。一定の条件を満たさない組織が導入すれば、目標未達による自信喪失や現場の疲弊など逆効果となり、さらなる業績不振を招きかねないのだ。本稿では「最近の業績」と「経営資源」という観点で組織診断して4カテゴリーに分類したうえで、それぞれに適した目標設定について解説する。

シム B. シトキンデューク大学 フュークアスクール・オブ・ビジネス 教授

C. チェット・ミラーヒューストン大学 C. T. バウアー・カレッジ・オブ・ビジネス 教授

ケリー E. シーコロラド大学 デンバー・ビジネススクール 助教

PDF論文:11ページ[約699KB]
論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない