2017年9月号

バーンアウトの論点

組織が取り組むべきこと、個人が向き合うべきこと

エリック・ガートン

エリック・ガートン

ベイン・アンド・カンパニー パートナー

ジャスティン・タルボット=ゾーン

ジャスティン・タルボット=ゾーン

トルーマン国家安全保障プロジェクト フェロー

フリーダ・イジャット

フリーダ・イジャット

ノヴォス 創設者兼代表

ニコラス・ペトリ

ニコラス・ペトリ

センター・フォー・クリエイティブ・リーダーシップ 上級教職員

仕事のプレッシャーや周囲との人間関係などによる心身の極度の疲労から、エネルギーが尽き果ててしまう──こうしたバーンアウト(燃え尽き症候群)という症状はけっして珍しいことではない。バーンアウトを避けるには何が有効なのか──ここで取り上げた論文は、さまざまな視点から解決策を提示する。まず、バーンアウトは企業の問題であることを認識すべし、という組織が取り組むべき課題を指摘したもの、また自分の心と体に向き合うマインドフルネスを戦略策定にも組み込もうというアイデア、さらにプレッシャーからストレスを誘発しないための対策を紹介する。   社員のバーンアウトは企業の問題である エリック・ガートン ベイン・アンド・カンパニー パートナー マインドフルネスは戦略にも役立つ ジャスティン・タルボット=ゾーン トルーマン国家安全保障プロジェクト フェロー フリーダ・イジャット ノヴォス 創設者兼代表 プレッシャーが必ずストレスに転じるとは限らない ニコラス・ペトリ センター・フォー・クリエイティブ・リーダーシップ 上級教職員

エリック・ガートンベイン・アンド・カンパニー パートナー

ジャスティン・タルボット=ゾーントルーマン国家安全保障プロジェクト フェロー

フリーダ・イジャットノヴォス 創設者兼代表

ニコラス・ペトリセンター・フォー・クリエイティブ・リーダーシップ 上級教職員

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない