2017年9月号

バーンアウトに打ち勝つ処方箋

持続可能な働き方を目指す

モニク・バルコア :マネジメント研究者、コーチおよびコンサルタント

モニク・バルコア

マネジメント研究者、コーチおよびコンサルタント

絶え間ない仕事のストレスによって、バーンアウト(燃え尽き症候群)に陥る人は多い。このような状態に陥ると、良好な人間関係を損ねるうえに、長期的なキャリアの可能性を閉ざしてしまうことが判明している。しかし問題は個人の業績と健康という公私両面だけに留まらない。個人がバーンアウトすると、チームや組織にも悪影響が及ぶからだ。本稿では、バーンアウトの症状と原因を理解し、これを防ぐ4つの戦略について取り上げたうえで、回復策と予防策についても論じていく。  

モニク・バルコアマネジメント研究者、コーチおよびコンサルタント

PDF論文:8ページ[約852KB]
無料:論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない