いま求められるのは「永遠のルーキー」

 ルーキーの成功方法を見ると、ベテランやルーキーにかかわらず、いまのビジネスではルーキー寄りの思考が重要になっていると感じられる。「いつものパターン」で終えられる仕事が減り、イノベーションはもはやすべての企業に共通の課題とも言える。このような時代において、素早く適切な解決策を見つける力よりも「他の人の知識とスキルを上手に活用し、点と点を結び付けてものを考える力」が、新しいものを生み出す原動力になるのではないだろうか。

 リズ・ワイズマンは下記のように述べている。「ベテランが精彩を欠くことが多いのは、環境が変化したせいでもある。仕事の世界は、いま高い地位にいる人たちが新人だった頃とは比較にならないくらい複雑になっている。3つの根本的な変化――大量化、迅速化、短期化が起き、どの変化にも、新しい働き方と新しい知性を必要とされるようになった。」

 これまで以上に、私たちは現状に留まることを許されなくなっている。過去の経験は糧にもなるが、自分を枠の中に留めてしまうことを自覚する必要もある。これから求められるのは、永遠にルーキーであり続け、学びを辞めない姿勢であろう。

 最後に、氏がルーキー・スマートについて触れた記事「新人や未経験者を入れることの驚くべき3つの効果」が、約2年前に弊誌サイトに掲載されていた。興味を持たれた方は、ぜひこちらもご覧頂きたい。