2008年3月号

メンタリングの原点

プロフェッショナルのやる気を引き出す

トーマス・J・デロング

トーマス・J・デロング

ハーバード・ビジネススクール 教授

ジョン・J・ガバロ

ジョン・J・ガバロ

ハーバード・ビジネススクール 名誉教授

ロバート・J・リーズ

ロバート・J・リーズ

元 アーンスト・アンド・ヤング・インターナショナル 人事担当ディレクター

金融業界、監査法人、法律事務所、コンサルティング会社など、人材の質がカギを握るピープル・ビジネスの世界では、若手のみならず中堅クラスの退職率が高止まりしつつある。そこで、メンタリングを制度化するところが急増している。しかし、標準化された形式的なメンタリングはかえって害である。かつての師弟関係のように、個人対応で血の通ったメンタリングこそ有効である。また、メンタリングはAクラス社員やCクラス社員に偏りがちだが、組織の大多数を占めるBクラス社員にも等しく不可欠である。

トーマス・J・デロングハーバード・ビジネススクール 教授

ジョン・J・ガバロハーバード・ビジネススクール 名誉教授

ロバート・J・リーズ元 アーンスト・アンド・ヤング・インターナショナル 人事担当ディレクター

PDF論文:13ページ[約2,015KB]
論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない